うつわのお手入れ方法と使用上の注意

1.陶器について

陶器は粘土が主成分です。土ものと呼ばれ、吸水性が高いため、汁物や色味の強いもの、油気の強い食材を入れて長時間おくと、うつわにシミや跡が残ったり、においが移ります。初めてうつわをお使いになる前に、「目止め」をすることで、こうしたトラブルを防ぐことができます。

目止めの済んだうつわは、お料理を盛る前に、サッと水にくぐらせて軽く水気を拭っておくと、料理の汁気や油気を吸いにくくなり、においやシミ跡が残りにくくなります。

ご使用後は、長時間の浸け置きをせず、食器用中性洗剤を使い、やわらかいスポンジで汚れを落としてください。たわしや研磨剤、クレンザーのご使用はうつわ表面に傷をつけ、ひび割れや破損の原因になります。きれいな水で汚れを洗い流したあとは、よく乾燥させてからしまってください。

2.目止めの方法

① (用意するもの)うつわがすっぽり入る大きさの鍋、白無地のふきん、片栗粉大さじ1、2杯

② 鍋の底にふきんを敷き、うつわを伏せずに入れます。

③ うつわがかぶるまでを入れ、片栗粉をまんべんなく振り入れます。(水の代わりに米のとぎ汁でも可)

④ 弱火〜中火で、15分程度コトコトと煮ます。吹きこぼれにご注意ください。

⑤ 火を止め、冷めるまで鍋に入れたまま放置します。

⑥ うつわを取り出し流水で洗い流します。よく乾燥させてからしまってください。